トップへ

6か月で偏差値を15上げるための動画

数学Ⅲ 複素数平面(BASIC)

例題

例えばこの問題、解けますか?

この問題の解答は最下部にあります。

まずはまったくの知識ゼロから入試基礎レベルの問題を解くため」の基礎講義を見てみてください。

「複素数平面」の基礎知識習得講義

数学Ⅲ BASIC 第1章 1-「複素数平面とは」

数学Ⅲ BASIC 第1章 2~0-「複素数の極形式と乗除」

数学Ⅲ BASIC 第1章 4~0「ドモアブルの定理と1のn乗根」

数学Ⅲ BASIC 第1章 9~0「回転の取り扱い・なす角」

数学Ⅲ BASIC 第1章 14~01「複素数平面における分点・円・垂直二等分線」

数学Ⅲ BASIC 第1章 14~01「複素数平面における平行・垂直条件」

例題の解説授業

▼ 冒頭の問題の解説はコレ ▼

こちらで公開している授業は、東大塾長のオンラインスクール「Leading Up System」から一部を抜粋したものになります。なお、この単元の講義時間は約4時間。1日2時間を捻出するだけで、たった2日間で学習を終えることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です